入籍はどうする?婚姻届の提出。新郎日記07

新郎ブログ07

入籍のタイミング

両家の顔合わせ食事会が終わり、あとは結婚式、そして入籍や同棲のタイミングをどうしようかと。

まず、私は一人暮らしで、彼女は実家住まい。

同棲するにあたり、一応入籍を先にした方が、相手の親にも納得してもらえるかなと考えました。

入籍のタイミングについては、正式というか、ひと昔前までは、結婚式を終えてから入籍するのが一般的だったようですが、現在は結婚式前に入籍するカップルの方が多いようです。

中には、結婚式当日に入籍をする方もいるようですが、私達の場合は、同棲を始める前に入籍を済ませる事にしました。

 

入籍日をいつにするか

入籍日については、私も新婦も特にこだわりがある訳ではなく、何となく覚えやすい日が良いかなと。

よって、ぞろ目となる8月8日を入籍日とする事にしました。8は末広がりで縁起も良さそうなので。

あとは、婚姻届を書き、提出するだけと思っていましたが、調べてみると、意外にややこしい・・・

 

いきなり提出は無理!?

基本的に婚姻届は、365日24時間提出可能なようですが、内容に不備があると受理されません。

また、それなりの準備物も必要で、ドラマなどであるように、その日にいきなり婚姻届を提出というのは、ちょっと難しいかと思います。

希望の入籍日がある場合は、日数に余裕をもって準備をしておきましょう。

詳しくは、『 婚姻届はすぐに出せない?提出には事前準備が必要 』の記事でもご紹介しております。

 

婚姻届を入手

まず、近所の役所に行って、婚姻届をもらいました。(一応2枚もらっておきました)

ちなみに、婚姻届のフォーマット(内容や様式)は日本全国共通なので、どこの役所で入手しても問題はありません。

婚姻届はネット上からダウンロードも可能で、最近では、いろんなデザインの婚姻届があるみたいです。

ゼクシィの婚姻届ご当地×ゼクシィのオリジナルデザインの婚姻届

日本全国のご当地とゼクシィがコラボしたオリジナルデザインの婚姻届が無料ダウンロードできるサイトです。

せっかくなので、婚姻届にもこだわりたい!という方は、利用してみても良いかもしれません。

ただし、ダウンロードしたデータは、A3用紙に印刷する必要があるとの事。

だいたい自宅にあるプリンタではA4サイズまでしか印刷できず、A3用紙を半分に折って片面ずつ印刷とかすれば、可能かもしれませんが、わざわざA3用紙を用意するのもちょっと面倒かと。

その他の方法としては、コンビニのプリンタを利用したり、職場のプリンタを使えるという方は良いと思いますが・・・

 

戸籍謄本が必要!

自分の本籍地と違う役所に提出する場合は、戸籍謄本が必要となってきます。

例えば、新郎新婦のどちらか片方が違う場合でも、違う方の戸籍謄本が必要となります。

私達の場合も、提出予定の役所が本籍地と違うので、二人とも戸籍謄本が必要となりました。

新婦の方は、本籍地の場所が比較的近かったので、新婦自身で役所に取りにいってもらいました。

私の場合は、本籍地が遠方で、気軽に取りに行ける距離でもないので、郵送で取り寄せる事にしました。

ところが、この郵送での取り寄せが、なかなか大変で、以下の準備物が必要でした。

準備物:請求用紙(各自治体ホームページからダウンロード可能)、手数料450円分の定額小為替(郵便局で購入)、返信用封筒(切手も貼り、返信先を記入)、本人確認書類の写し。※必要物は自治体によって異なる事もありますので、各自治体ホームページでご確認ください。

準備物が揃ったら封筒に入れ、本籍地のある自治体へ郵送します。

郵送物が自治体に届き、返送してもらう事になるので、日数も1週間以上かかってくるかと思います。

 

戸籍謄本は後日でも良い?

私も後から知ったのですが、婚姻届提出の際、戸籍謄本が無くても、受理される可能性は高いようです。

その場合は、後日、戸籍謄本を提出する事になります。

ただし、提出する時間帯や窓口によっては、受理されなかったという事もあるようなので、やはり可能であれば事前に用意しておくのが無難だと思います。

 

婚姻届への記入

婚姻届記入例

上記の記入例のように、書いていくのですが、またここで、ややこしい部分が。

「証人」って何!?

記入事項の中に「証人」欄があり、調べたところ、二人の婚姻を証明する成人2名の署名・押印・生年月日・住所・本籍地が必要となるようです。

成人2名とは、20歳以上であれば、家族や友人など誰でも良くて、お互いの父親にお願いする人も多いようです。

私達もお互いの父親にお願いする事にしたのですが、これもまたなかなか面倒で。。。

証人欄は、やはり代筆はNGで、押印も私達の印鑑とは異なるものでないといけないようで、シャチハタもNGです。

なので、証人欄は親に直接書いてもらう必要があり、私の親は遠方にいるため、また郵送でのやりとりが必要となりました。

取り急ぎ、新婦側の両親2名を証人として書いてもらっても良いかなと思いましたが、入籍予定日まで、まだ時間もあったので、やはり郵送で私の父に頼むことにしました。

 

新しい本籍

婚姻届には、新しい本籍地を記入する欄があり、入籍後、二人とも同じ本籍地となります。

通常、どちらかの実家や新居の住所を本籍地にする方が多いようで、私達の場合は、新婦の実家の住所を本籍地としました。

理由としては、新居の住所は今後変わる可能性が高いため、やめておき、私の実家も遠方のため、今回のような戸籍謄本などが必要な場合、手続きが面倒になってくるので、やめておきました。

その他に、これは私も驚いたのですが、日本国内で実在する住所であれば、どこを本籍地としても良いみたいです!

例えば、某テーマパークや、国会議事堂、皇居などを本籍地とする事も可能です。まぁ実際に本籍地とする人はあまりいないと思いますが。。。

 

婚姻届を提出

婚姻届に必要事項を記入し終えて、いざ提出へ。

まず、持ち物としては、記入した婚姻届、戸籍謄本、身分証明書、印鑑(訂正等があった場合に必要)を忘れずに持参します。

婚姻届を提出した日が入籍日となり、役所の休日や夜間も提出は可能ですが、預かるだけで確認や訂正は行ってもらえず、不備があると入籍日がずれてしまいます。

幸い、入籍希望日の8月8日は平日だったため、お互いのスケジュールを合わせて、窓口が開いている昼間に行く事にしました。

提出する窓口は、どこの役所でも大丈夫なようで、ふたりの本籍地や所在地、そして一時的な滞在地の役所でも問題無いという事で、例えば旅行先の役所で提出する事も可能です。

私達は二人揃って提出に行くので、最寄りの出張所で提出する事にしました。

 

提出から受理まで

窓口に行き、担当職員の方に提出物を渡すと、出張所のため本庁舎?とのやりとりや確認作業が必要となり、少し時間がかかるとの事。

また、私の場合、名字の漢字に旧字体があり、今回の提出を機に、通常の字体への変更が可能という事でした。

正直、特にこだわりは無く、どっちでも良かったのですが、また後日でも変更は可能という事だったので、一応今回は旧字体のままでいく事にしました。(一度新字体に変更すると、基本的には旧字体に戻せないようです)

提出から、待つ事だいたい1時間くらいでしょうか。名前を呼ばれ、無事手続きが終わり、婚姻届受理証明書(手数料350円)を発行してもらいました。

そして担当の方からは「こんなに不備が無い婚姻届はめずらしい」と褒めてもらい、しっかりと準備をした甲斐がありました。

また、幸い出張所がすいていた事もあり、写真撮影をお願いしたところ、快く引き受けてくれて、記念写真を1枚撮ってもらいました。

 

マイナンバーと婚姻届

こうして無事に婚姻届の提出が終わり、8月8日の入籍日となりました。

なかなか準備は面倒でしたが、これも良い経験になったと思います。

こういった手続きも、ネット上とかで簡単に出来ればいいのにな~と、ふと思いましたが、そういえば最近発行されたマイナンバーって関係あるのか!?

少し調べたところ、2017年から運用開始予定のマイポータルというWEB上で、婚姻届を出す事が出来るようになるとのこと!

これはビックリ!!知りませんでした。

こういったネット上での手続きには賛否両論あるかと思いますが、手続きが簡素化されるのは良い事ではないでしょうか。

となると、二人で一緒に窓口に提出して記念撮影、なんて事も今後は無くなるのかと思うと、少し寂しい気もしますが、まぁこれも時代の流れでしょう。。。

 

 

 

マイナビウエディング

今なら、式場見学・ブライダルフェア参加などで、最大35,000円分の商品券がもらえます!(2017/8/31まで)