二人で住む新居探し!おとり物件?新郎日記08

二人の新居探し

新居となる賃貸物件を探す

無事に入籍の手続き(婚姻届提出)を終え、次は二人で住む新居探しです。

それまで私は一人暮らしで、新婦は実家だったので、私の一人暮らしの家に来てもらっても良かったのですが、築年数もかなり古く、水回りとかもボロボロだったので、さすがにここで新生活は嫌だろうと。

よって、新居を探す事になり、当初は広めのワンルームでも良いかな~と思いましたが、二人で住むとなると生活の時間帯も異なり、寝室はドアで区切れる方が良いだろうという事で、1DKくらいのの物件を探す事にしました。

 

まずはネットで物件探し

賃貸物件が載っているサイトもたくさんあると思いますが、いろんなサイトを見比べて、個人的に掲載物件数が多いと感じたのが、スーモとスマイティです。(地域によっても異なると思いますが)

また、以前に不動産屋でも、調べるならスーモが良いですよと言われた事があります。(そこの不動産屋でもスーモの業者用の検索システム?を使っているとの事でした)

結局どのサイトを見ても、掲載物件がかぶっている事も多かったので、より情報量の多いサイトで調べるのが良いと思います。

日々新着物件をチェックしながら検索した結果、気になる物件がいくつか見つかりました。

 

おとり物件?

昔、一人暮らし用の物件を探した時に、ネットで見つけた物件に問い合わせ、不動産屋に行ってみると、「ちょっと前に入居が決まった」などと言われ、別の物件を紹介しようとしてくる事が何度かありました。

これらは「おとり物件」「釣り物件」などと呼ばれているようで、もともと入居不可の割安な物件を掲載し、来店させようとする手法だそうです。

最近ではもうそんな事は、あまり無いのだろうと勝手に思っていましたが・・・

 

不動産屋へ問い合わせ

気に入った物件があったので、物件の内見をお願いするため、不動産屋へ問合せをしました。

まず、物件が現在も入居可能かを聞き、空いているとの事で、内見をお願いする事に。

出来れば、不動産屋へ行かず、現地集合でお願いしたい旨を伝えるも、まずは来てもらわないと内見は出来ないと言われました。

若干嫌な予感がしつつも、仕方なく不動産屋へ行く事に。

物件が先に決まってしまうと困るので、問い合わせをしたその日のうちに、急いで不動産屋へ行きました。

まず、登録書類?にこちらの情報を書き、担当の方が来たので、さっそく希望の物件を内見したい旨を伝えました。

 

私「この物件の内見をしたいのですが、空いてますか?」

担当者「はい、内見できますよ~、でも、こちらの物件は少し問題があって・・・」

私「えっ!?」

担当者「湿気がたまりやすい部屋で、すごくカビが発生しやすいんです。私も現地に行った事があるのですが、匂いも結構キツイんですよ~」

私「えっ、そうなんですか…、それは改善できないレベルなんですか?」

担当者「おそらく無理だと思います。前に住んでた方も、やっぱり無理ですぐに出ていきましたから」

私「そうですか…、一応、現地に行って確認する事はできますか?」

担当者「内見は出来ますけど、やめといた方が良いと思いますよ~」

私「はぁ・・・」

担当者「ご希望の条件を教えてもらえば、近い物件をこちらで探しますよ!もしくは検索サイトに載っているどの物件でも、うちは取り扱ってますから!」

 

あれっ!、これはもしや・・・

まぁでも一応内見は可能という事だったし、むしろカビの事を教えてくれた事を感謝すべきか…、いや、初めに電話で言ってくれれば・・・

などと考えつつも、当然この物件は諦め、不動産屋をあとにしました。

結局、今回の物件がおとり物件だったかどうかは、定かではありませんが、そもそも客に勧められない物件を載せておくのは如何なものかと…

 

再び物件探し!

気に入った物件が駄目になり、そもそも条件の良い物件は問題がある事が多いのか?と少し疑心暗鬼になりましたが、諦めずに物件探しを再開!

そして、再び気に入った物件が見つかり、今回は掲載の不動産屋を少し調べてみる事に。

チェーンではなく1店舗しかない地元密着型の不動産屋のようで、この物件の仲介だけでなく、管理もしているとの事。

これは期待できる!と思い、早速問い合わせて、物件の内見をお願いする事に。

すると、今回は直接現地集合で構わないという事で、これは良い流れになってきました。

内見した物件も問題無く、新婦の了承を得るため、携帯のカメラで写真や動画も撮っておきました。

内見後、1日待ってもらい、新婦のOKも出たので、この物件に契約する事にしました。

契約のため不動産屋に行くと、本当に家族経営のような小さな不動産屋で、社長のおじさんが自ら対応してくれました。

この社長が昔気質のなかなか豪快なおじさんで、家賃交渉を行うと、ズバッと3000円ほど家賃を下げてくれました。

この不動産屋が物件の管理会社になっているという事も、家賃を下げる事ができた要因なのかもしれません。

 

 

こうして何とか無事に物件が決まり、次回の日記では、引越しについて書きたいと思います。

物件探しは結構楽しいのですが、契約にはいろいろと注意が必要ですね。。。

 

 

 

マイナビウエディング

今なら、式場見学・ブライダルフェア参加などで、最大35,000円分の商品券がもらえます!(2017/8/31まで)