式場検索サイト

【キャンペーン比較】ゼクシィvsハナユメvsマイナビウエディング

ゼクシィvsハナユメvsマイナビウエディング

結婚式場選びは、ウエディングのノウハウがギュッと詰まった式場検索サイトを利用すると効率よく進めることができます。

そしてキャンペーン特典や割引があるなど、自分で直接式場へ申し込むより式場検索サイトを使った方がお得になります!

hina
hina
私の結婚式でもキャンペーンや割引を利用させてもらいました!

とはいえ、式場検索サイトも数多くあり、一体どこを利用するのが一番良いのでしょうか?

今回の記事では、式場見学キャンペーン実施中の「ゼクシィ、ハナユメ、マイナビウエディング」の3社をピックアップして、キャンペーン内容や特徴を比較しながら、ご紹介していきます。

ゼクシィの特徴。情報量は日本最大級!

ゼクシィHPゼクシィ 』Webサイト

結婚式といえば「ゼクシィ」というくらい言わずと知れた会社で、CMや広告等で目にする機会も多いと思います。

知名度や情報量は日本最大級で、結婚が決まったら、とりあえずゼクシィの雑誌を買ってみる人も多いのではないでしょうか。

hina
hina
ゼクシィの雑誌も辞書のような凄いボリュームです。

式場情報の他にも、ドレスや演出アイテム、撮影業者などの情報も掲載されており、結婚式の準備に関する情報が網羅されています。

また、相談カウンターが日本全国にあり、取り扱っている式場の数や相談カウンターの数は今回ご紹介する3社の中で一番多いです。

ゼクシィ「式場探しキャンペーン」

ゼクシィから式場見学・ブライダルフェアの予約&参加で、最大4万円分の商品券がもらえます!

商品券(JCBギフトカード)をもらうまでの流れ

Step.1 キャンペーン期間中にゼクシィのサイトからキャンペーンにエントリー

Step.2 ゼクシィのサイトもしくはアプリから、式場見学やブライダルフェアの予約を行う。※電話・相談カウンターでの予約は対象外となる。

Step.3 予約した式場見学やブライダルフェアに参加し、会場で写真を撮る

Step.4 撮影した写真をゼクシィに送信。

ゼクシィキャンペーンの特典金額

ゼクシィの「式場探しキャンペーン」では、式場見学を行った会場の数と、見学した会場の地域によってキャンペーンの金額が変わってきます。

「首都圏・東海・関西・九州/沖縄」にある会場を見学した場合
式場見学数特典金額
1会場5,000円
2会場30,000円
3会場40,000円

続いて、上記以外の地域にある会場を見学した場合は、大幅に金額が下がっています。

「北海道・東北・北陸/甲信越/静岡・北関東・中国・四国」にある会場を見学した場合
式場見学数特典金額
1会場3,000円
2会場6,000円
3会場10,000円

上記の通り、地域によって金額が下がってしまうのは残念ですが、他2社では非対応の地域も掲載されています。

ゼクシィキャンペーンの注意点

ゼクシィのキャンペーンについて、気を付けないと商品券プレゼントの対象外となってしまう注意点がありますので、ご紹介します。

エントリーや式場見学の予約・参加、写真の送付は、それぞれの指定期間があるため、期間内に済ませる必要がある。

キャンペーンのエントリー・式場見学予約・会場写真の送付は全て同じメールアドレスで登録する必要がある。

キャンペーン対象となる予約は、サイト・アプリからの予約のみで、電話・相談カウンターでの予約は対象外となる。

応募は1カップルにつき1回限り(過去にキャンペーン適用済みの人は無効)で、すでに式場が決定済みの方や、結婚式を検討していない方の応募は対象外となる。

送付する会場写真について、会場のパンフレットや資料を撮影したもの・ホームページの画像・他人のブログ画像などはNG。

以上がゼクシィ「式場探しキャンペーン」の注意点となります。

↓キャンペーンのエントリーや詳細はこちら↓

ゼクシィ「式場探しキャンペーン」

ハナユメの特徴。ハナユメ割で100万円以上お得に!?

ハナユメHPHanayume(ハナユメ) 』Webサイト

現在はハナユメのイメージキャラクターにタレントのローラさんを起用しており、CMや広告等で目にした事がある方も多いと思います。

ハナユメの最大の特徴は、「ハナユメ割」という結婚式費用が100万円以上お得になる事もある割引サービスです。

「ハナユメ割」は式場が受け入れに余裕のある時期を選ぶ事で割引が受けられるサービスで、詳しくは『ハナユメ割のデメリット。条件や使い方、口コミも調査!』をご覧ください。

掲載されている式場の数はゼクシィに比べて少なく、掲載会場の地域も「関東・東海・関西・九州」と限られています。

hina
hina
相談デスクの数も他社と比べ少ないですが、オリコン顧客満足度(R)ランキングで3年連続No.1です!※1

半年以内の結婚式やマタニティウエディング、少人数の結婚式など、お得な限定プランが用意されているのも特徴の一つです。

※1 2017・2018・2019年オリコン顧客満足度(R)調査「結婚式場相談カウンター第1位」

ハナユメ「結婚式場探しキャンペーン」


ハナユメから式場見学・ブライダルフェアの予約&参加で、最大4万円分のギフト券がもらえます!

ギフト券(電子マネー)をもらうまでの流れ

Step.1 キャンペーン期間中にハナユメのサイトからキャンペーンにエントリー

Step.2 ハナユメ(サイト・アプリ・電話・相談デスクなど)から、式場見学やブライダルフェアの予約を行う。

Step.3 予約した式場見学やブライダルフェアに参加。

Step.4 見学後、アンケートに答える

ちなみに、もらえる電子マネーは「EJOICAセレクトギフト」というシステムを利用し、nanaco、Amazonギフト券、WAONポイント、楽天Edy、モバイルSuicaなど、メジャーな電子マネーと交換できます。

ハナユメキャンペーンの特典金額

ハナユメの「結婚式場探しキャンペーン」では、式場見学を行った会場数によって、もらえる特典の金額がアップしていきます。

式場見学数特典金額
1会場15,000円
2会場25,000円
3会場35,000円

さらに相談デスクの利用、もしくは式場の成約で、+5,000円が追加となります。

ハナユメキャンペーンの注意点

ハナユメのキャンペーンについても、気を付けないとギフト券プレゼントの対象外となってしまう注意点がありますので、ご紹介します。

エントリーや相談デスクの利用、式場見学の予約・参加、アンケートの回答は、それぞれの指定期間があるため、期間内に済ませる必要がある。

式場見学やブライダルフェアの参加は、結婚式を挙げる二人での来館が条件。

キャンペーンの対象は、挙式と披露宴、もしくは披露宴のみを行う方が対象となり、挙式のみ、会費制の1.5次会・2次会、リゾート婚(国内・海外)を希望の方は対象外。

キャンペーンの適用は1組1回限りで、式場決定済みの方や、過去にキャンペーン適用済みの人は無効。

電子マネーのギフト券は、キャンペーン終了後から2,3か月後の受け取りとなり、受け取り期間内を過ぎると無効となる。

電子マネーの受け取り期間までの間に、ハナユメを退会してしまうとキャンペーン適用外となる。

以上がハナユメ「結婚式場探しキャンペーン」の注意点となります。

↓キャンペーンのエントリーや詳細はこちら↓

ハナユメ「結婚式場探しキャンペーン」

マイナビウエディングの特徴。サイトの機能が充実!

マイナビウエディングHPマイナビウエディング 』Webサイト

マイナビウエディングのイメージキャラクターに、現在は俳優の新田真剣佑さんを起用しており、知名度も高いサイトです。

サイトの特徴として、会場をバーチャル見学できる360度のパノラマビュー機能や、各会場の見積もり金額が即座に分かる費用シュミレーション機能など、便利な機能が充実しています。

hina
hina
指輪探しにも力を入れており、電子マネーがもらえるキャンペーン実施中です!

掲載されている式場数はゼクシィに比べると少ないですが、北海道から沖縄まで22の都道府県エリアに対応しています。

また、国内や海外のリゾート婚や、1.5次会などのカジュアルなパーティーも検索可能です。

マイナビウエディング「式場探し応援キャンペーン」

マイナビウエディングフェア
マイナビウエディングから式場見学・ブライダルフェアに予約&参加し、式場決定6万円分の電子マネーがもらえます!

電子マネーをもらうまでの流れ

Step.1 キャンペーン期間中にマイナビウエディングの専用応募フォームからキャンペーンにエントリー

Step.2 マイナビウエディングのサイトもしくはウエディングサロンから、式場見学やブライダルフェアの予約を行う。※電話での予約は対象外となる。

Step.3 予約した式場見学やブライダルフェアに参加。

Step.4 会場を決定し、成約した申込書控えを送付する。

ちなみに、もらえる電子マネーは「選べるe-GIFT」というもので、nanaco、Amazonギフト券、楽天Edyなど、メジャーな電子マネーと交換可能です。

マイナビウエディングキャンペーンの特典金額

マイナビウエディングの「式場探し応援キャンペーン」は、他2社の式場見学数に応じたものとは異なり、式場見学数は関係ありません

式場見学に行き会場を決定すると、一律6万円分の電子マネーがもらえます。

他社と比べるとシンプルな適用条件となっており、ある程度式場を絞り込んでからキャンペーンを利用するのがいいでしょう。

マイナビウエディングキャンペーンの注意点

マイナビウエディングのキャンペーンについても、気を付けないと電子マネープレゼントの対象外となってしまう注意点がありますので、ご紹介します。

エントリーや式場見学の予約・参加、申込書控えの送付は、それぞれの指定期間があるため、期間内に済ませる必要がある。

「ギフト券プレゼントキャンペーン対象」のマークが付いている式場を予約する必要がある。

キャンペーン対象となる予約は、サイトまたウエディングサロンから予約する必要があり、電話での予約は対象外となる。

キャンペーンのエントリーと式場見学予約は、同じメールアドレス・電話番号で登録する必要がある。

キャンペーンの適用は1組1回限りで、式場決定済みの方や、過去に来館した事のある会場への予約、過去にキャンペーン適用済みの人は無効。

式場見学やブライダルフェア参加の際、案内時間短縮の要望や案内途中でのご退席をされた場合は対象外となる。

予約をしたいずれかの会場で成約し、結婚式の総額(交通費や宿泊費除く)が50万円以上(税抜)であること。

以上がマイナビウエディング「式場探し応援キャンペーン」の注意点となります。

↓キャンペーンのエントリーや詳細はこちら↓

「マイナビウエディング」公式サイト

キャンペーン内容を比較。キャンペーンの併用もあり?

それでは、ここまでご紹介した3社のキャンペーン内容を比較してみます。

サイト名/特典金額条件・備考
ゼクシィ/最大40,000円3会場見学で最大金額。ただし地域によっては最大10,000円。
ハナユメ/最大40,000円3会場見学+相談デスク利用or成約で最大金額。
マイナビウエディング/60,000円1会場見学+成約。

ゼクシィは地域によって最大1万円となってしまいますが、そもそも他2社では非掲載の地域だったりするので、マイナス要素にはならないと思います。

特典金額だけを見れば、マイナビウエディングが1番ですが、「式場の成約」という条件があります。

hina
hina
いずれは見学した式場のどこかに決める事になるので、成約は難しい条件でもないと思います。

各社で掲載している会場や、成約後の割引・特典も異なるため、どこを利用するのが良いか判断に迷うところですが、例えば、4会場以上見学に行ける方はキャンペーンの併用もありだと思います。

例えば、ゼクシィorハナユメとマイナビウエディングの両方のキャンペーンを利用する事で、10万円の特典金額をもらう事も可能です!

ただし、注意事項として同じ会場を複数回見学してもキャンペーン対象外となりますし、成約する事で受けられる割引もあったりするので、何がお得かを見極める必要があります。

掲載されている会場数を比較。ゼクシィが圧倒的!

3社の掲載会場数を比較すると、ゼクシィは2,500件以上で、ハナユメ・マイナビウエディングは500~1,000件ほどです。

掲載会場の地域については、下記の表の通りです。

サイト名掲載会場の地域
ゼクシィ日本全国
ハナユメ関東・東海・関西・九州
マイナビウエディング22都道府県

ゼクシィが日本全国を網羅しており、他2社は非掲載地域も多いです。

また、直接会って相談できるカウンターの数もゼクシィが群を抜いており、日本全国に展開されています。

やはり掲載会場数はゼクシィがダントツですが、他2社も人気の式場は押さえてありますので、掲載地域の方は利用する価値ありです。

成約後の割引や特典を比較。ハナユメ割は要チェック!

各社、各会場ごとに成約後の割引や特典を用意しており、「ハナユメ割」や「ゼクシィ花嫁割」といった日取りを限定することで割引となるサービスがあります。

hina
hina
特に日取りにこだわりが無い方は、上記の割引を利用する事で大幅に結婚式費用が変わってきます!

また、マイナビウエディングは成約特典があり、各社・各会場ごとに内容が違うので、一概に比較するのは難しいのですが、各会場の割引に関しては「ハナユメ」が力を入れている印象を受けます。

希望の会場、希望の日取りをふまえた上で各サイトをチェックし、割引や特典を比較してみましょう。

まとめ:ゼクシィvsハナユメvsマイナビウエディング

キャンペーンに関しては、マイナビウエディングが「6万円」と1番高額で、式場見学数が1会場でもOKというのは魅力的です。

ただし、「式場の成約」が条件となるため、ある程度会場を絞り込んだうえで、利用するのが良いでしょう。

ゼクシィとハナユメはどちらも3会場見学(ハナユメは+αが必要)で最大4万円と、同程度のキャンペーン特典ですが、掲載されている式場数はゼクシィが圧倒的に多いです。

hina
hina
掲載式場数や対応地域は、ゼクシィ>マイナビウエディング>ハナユメの順です。

対して、ハナユメは「ハナユメ割」という日取りを限定した割引に力を入れており、キャンペーンの特典金額を大きく上回るメリットを受けられる場合もあります。

各社のキャンペーンの併用も可能ですが、注意点を把握したうえで利用しないと、適用対象外となってしまう場合もありますので注意しましょう。

各社、各会場ごとに成約後の割引や特典が異なってくるので、まずは希望の地域・会場を各サイトでチェックし、キャンペーン特典だけでなく割引金額も考慮しながら、ベストとなる選択を行ってください。

ABOUT ME
hina
hina
約10年間金融機関にてOLを務め、現在は子育てをしながらライターとして活動中。自身の結婚式経験を生かして、これから結婚式を迎える皆様に役立つ情報をドンドン提供していきます!
式場見学は情報サイト経由がだんぜんお得!

式場見学やブライダルフェアの「予約&参加」を情報サイト経由で行うと、数万円分のギフト券がもらえます!

↓「ハナユメ」公式サイト

↓「マイナビウエディング」公式サイト
マイナビウエディングフェア
↓「ゼクシィ」公式サイト