式場検索サイト

ハナユメ割のデメリット。条件や使い方、口コミも調査!

ハナユメ割のデメリット

結婚式を挙げたいと考えているカップルの皆様にとって、結婚式に掛かる費用は大きな問題だと思います。

結婚式の費用については、式場に直接申し込むより、仲介業者を通した方が安くなる場合があり、「ハナユメ割」もその一つです。

同じ会場、同じ品質でも「ハナユメ」を通せば費用が抑えられます。

alice
alice
なぜ費用が抑えられるのか、この記事で詳しく解説していきます!

実は私もハナユメ(前身はすぐ婚navi)を使って結婚式を挙げた一人です。

とてもお得に、そしてクオリティも下げずに結婚式を挙げられました。

今回の記事では、ハナユメ割の仕組みや使い方、適用条件、そしてデメリットについても解説していきます。

ハナユメって何?


ハナユメはローラさんのCMでも話題になった、結婚式場を紹介する会社です。

結婚式場と言っても、専門式場の他に、結婚式を挙げられる神社やお寺、ホテル、レストランなど、あらゆるジャンルの会場を網羅しています。

また、無料で利用できる相談カウンターもあり、オリコン顧客満足度(R)ランキングで3年連続No.1に輝いています。※2017・2018・2019年オリコン顧客満足度(R)調査「結婚式場相談カウンター第1位」

私がハナユメを選んだ理由は、スタッフが信頼できたことと、式の費用が抑えられたためです。

ハナユメ割とは?

結婚式に限らず一般的には、仲介会社に頼むと仲介手数料を取られます。

ところが、ハナユメの利用は無料で、「ハナユメ割」という結婚式費用の割引サービスを受けられます。

alice
alice
ハナユメがお二人の代わりに式場側と交渉をしてくれているというイメージです。

ハナユメ割を使うと、同じ結婚式場でも100万円以上もお得になる場合があります。

また、結婚式費用の割引だけではなく、お料理のランクアップやウエディングドレスの割引などの特典がついてくるケースもあります。

ハナユメ割の仕組み

ハナユメ割の仕組み

ハナユメ割で大幅に安くなる仕組みは「日取り」です。

式場には結婚式の受け入れに余裕がある「埋めたい時期」があり、その日取りであれば、通常よりお得に結婚式ができます。

式場の埋めたい時期とは、直前でも埋まっていない日取り、そして人気の無い日取りです。

式場側としても空きを出すくらいなら、大幅に割引きをしてでも埋めようとするため、ハナユメ割が実現できるのです。

alice
alice
同じ式場でも日取りの違いだけで、大きく費用が変わってきます!

半年以内の結婚式でお得!

半年以内の結婚式であれば、ハナユメ割で大幅な割引を受ける事ができます。

半年以内でまだ会場が埋まっていない日となると、日取りが限定されそうですが、意外と空きがあり、日取りや時間帯などが選べる事も多いようです。

個人的な話をすると、私は結婚式を人気のシーズンである「秋」に考えていました。

他の仲介会社でも「秋は式場を予約するのも一年前からでないと、なかなか難しい」と言われました。

しかし、ハナユメでは思っていた以上に素敵な式場が見つかり、人気のシーズンでも半年以内の結婚式とする事で費用を抑えることができました。

人気の無い日取りは、さらにお得!

半年以内の結婚式で安くなるハナユメ割ですが、人気の無い日取りを選ぶことで、さらにお得になるケースがあります。

季節でいうと、過ごしやすいシーズンの「春と秋」は人気ですが、「夏と冬」は避けるカップルも多いため、その分費用は安くなります。

お日柄も「大安」や「友引」は人気ですが、それ以外のお日柄、ましてや「仏滅」であれば、かなりの割引きが期待できます。

alice
alice
お日柄など、招待される側はあまり気にしていないように思います。

また、曜日についても「土曜日」は翌日も休日のため当然人気となりますが、「日曜日」は比較的空きがあり、さらに「夜」の時間帯の結婚式を選べば、安くなる可能性も高いです。

特に日取りにこだわりが無いというカップルは、お得な日取りを選んで、さらなる割引きを狙いましょう。

ハナユメ割のデメリット

ハナユメ割のデメリット

メリット満載のハナユメ割ですが、いくつかのデメリットも挙げてみます。

結婚式までの期間が半年以内と短い

他の大手仲介業者に比べると、紹介できる式場が限られる

【デメリット1】結婚式までの期間が短い

ハナユメ割では半年以内の結婚式とする事で、他の仲介会社では考えられないくらいの割引があります。

ただし、デメリットとして、結婚式の準備期間が短くなってしまいます

もちろん準備期間が長いに越した事はないのですが、実際のところ、具体的に準備を行っていくのは平均すると4か月前あたりです。

alice
alice
式場側との本格的な打ち合わせが始まるのも、4か月前あたりからです。

仮に1年前に申込みをしたとしても、実際の準備を行い始めるまで、のんびり過ごしてしまうカップルも多く、4か月前からの準備でも十分間に合わせる事ができます。

【デメリット2】紹介できる式場が限られる

一番のデメリットといえるのが、大手仲介業者である「ゼクシィ」と比べると、ハナユメで紹介できる会場数が少ない事です。

また、対応エリアもゼクシィは全国対応ですが、ハナユメは対応していない都道府県もあります。

とはいえ、ハナユメも人気の式場はしっかりと紹介可能で、むしろ希望の式場がハナユメに掲載されていればラッキーという感じで、利用しない手は無いと思います。

また、現在はハナユメを通して式場見学やブライダルフェアへ参加する事で、最大4万円分の商品券がもらえるキャンペーンも実施中です。

ハナユメ割の使い方と適用条件

ハナユメ割を使いたい方は、ハナユメから式場見学やブライダルフェアの予約を入れてください。

式場見学やブライダルフェアに参加した際にもらう見積書に「ハナユメ割」が適用されます。

これだけの手続きで、ハナユメ割を利用する事ができます。

alice
alice
会場によってハナユメ割の割引額も異なってきます。

ハナユメを通さず式場と直接交渉を行う事で、同等の割引きを受ける事も不可能ではないですが、交渉するためには、それ相応の知識や交渉術が必要となるため、ブライダル関係者等で無い限り、なかなか難しいと思います。

そこで、ハナユメがみなさんに代わって、あらかじめ交渉をしておいてくれるというイメージです。

もちろんハナユメ割を適用後、さらに直接式場と割引き交渉を行う事も可能ですので、駄目もとで交渉してみる事をオススメします。

ハナユメ相談カウンターはおすすめ!

ハナユメを利用するには、インターネットで会場を検索するか、店舗に足を運ぶかのどちらかです。

もちろんインターネットで会場を検索して予約するのもありですが、お近くに店舗があれば、一度はハナユメの相談カウンターに足を運ぶことをオススメします。

相談カウンターの利用者満足度は高く、店舗スタッフが親身になって相談に乗ってくれます。

式場の選び方や結婚式準備の進め方など、分からないことがあればすぐにスタッフに相談できます。

ハナユメ割の口コミや評判を調査!

結婚式費用がかなりお得になるハナユメ割ですが、実際にハナユメ割を利用した人の口コミや評判も気になるところです。

そこで、利用者の口コミをTwitter上で調べてみました。

実際に100万円以上安くなった方など、ハナユメ割に満足している口コミがほとんどで、悪い評判の口コミはありませんでした。

また、ハナユメの相談カウンターも顧客満足度No.1だけの事はあって、実際に評判が良く、高評価の口コミが多かったです。

まとめ:ハナユメ割のデメリットや条件

■ハナユメは結婚式場を紹介する会社で、ハナユメ割を利用すると100万円以上お得になることも!

■ハナユメ割の仕組みは、式場側の「埋めたい時期」を選ぶ事で、割引きを受けられる。

■ハナユメ割のデメリットは、準備期間が短くなる事と、利用できる会場数が少ない事

■ハナユメ割の条件や使い方は、ハナユメを経由して式場見学やブライダルフェアを予約し参加するだけ。

■ハナユメ割の口コミや評判では、実際に100万円以上割引きになった人も。

alice
alice
希望の式場で「ハナユメ割」が使えるようであれば、利用しない手はないですね!

ハナユメから式場見学をする事でもらえるキャンペーン特典も現在実施中ですので、まずは一度「公式サイト」をチェックしてみてください!

「ハナユメ」公式サイト

ABOUT ME
alice
alice
結婚式の司会やリポーターなどの仕事を経て、結婚を機にライターへと転向。自身の結婚式の経験なども踏まえて、これから結婚式を挙げようと考えている方の役に立つ記事を書いていきたいです。
式場見学は情報サイト経由がだんぜんお得!

式場見学やブライダルフェアの「予約&参加」を情報サイト経由で行うと、数万円分のギフト券がもらえます!

↓「マイナビウエディング」公式サイト
マイナビウエディングフェア
↓「ハナユメ」公式サイト

↓「ゼクシィ」公式サイト