結婚式の会場決定!ホテルの見学や価格交渉。新郎日記13

結婚式の会場決定ブログ

式場見学での即決を迫る営業

前回のブログで書いたように、式場見学1件目はなかなか押しの強いプランナーさんで、特に即決(その場で契約)を求めてくる会場も最近は多いんだろうな~と感じました。

今日契約してくれれば数十万安くしますよ!と即決を迫る営業手法も理解は出来るのですが、逆に自分達の会場に対する自信の無さの表れというか、検討されたら困るという風に感じるのは私だけでしょうか。

確かに結婚式というのはリピーターのいない商売ですから、契約を取ったもん勝ちみたいなところがあるのかもしれませんが、もう少しお客さんの立場にたった接客をしてもらいたいなと思いました。

とはいえ、実際に値引きを条件に即決を迫ってくる会場も結構あると思いますので、式場見学に行く際のポイントとして、本命の会場は一番最後にした方が良さそうですね。

まぁでも、そういう会場は後日来るお客さんにも同じような営業をするんでしょうから、即決をしなくても交渉次第で値引き出来そうな気も。。。

 

ゲストの宿泊について

とりあえず、1件目の会場見学に行った事で、実際にかかる費用の事や、結婚式の具体的なイメージもしやすくなりました。

ここで、ふと思ったのが、遠方から来るゲストの宿泊についてです。

一般的に、ゲストの宿泊はこちらで手配をする事になるのですが、あまり深く考えていませんでした。

専門式場(ゲストハウス)の場合は、近くのホテルをとったりすれば良いかな~くらいに思っていたのですが、ゲストからすると、やはり結婚式と同じ会場に泊まった方が、荷物や着替えの面などで楽だろうなと。

また、ホテルで式を挙げた場合、新郎新婦やゲストの宿泊が割引きになるといった事も聞いた事があるので、やっぱりホテルが良いんじゃないかと思うようになりました。

 

意外とホテルは良かった!

新婦の希望がゲストハウスだったので、ホテルはあまり詳しく見ていなかったのですが、探してみると結構良いかも!

特に料金面では、意外と安く式を挙げられるホテルがいくつかありました。

会場の雰囲気などは、やはりゲストハウスの方がより結婚式っぽいし、可愛らしく女性が好きそうな感じですが、ホテルは対照的に大人っぽい重厚な雰囲気があり私は気に入りました。

特に私が良いと思ったホテルが西新宿にある「ヒルトン東京」で、そのネームバリューもさることながら、料金が想像していたよりもリーズナブル!

また、チャペルがリニューアルをしており、新しく綺麗!

そして会場のアピールポイントとして、オーダーメイドウェディングとうたっており、自由度が高そうで、演出などに力を入れたかった私としては、ピッタリでした。

 

新婦を説得

これは良い!と、このホテルをかなり気に入った私は、とりあえず会場見学に行くため、新婦の説得に取り掛かります。

会場の画像を見せて、外資系の有名ホテルなのに料金は意外とリーズナブルな事を伝えると、新婦もあっさり「良いかも!」と。

やはりヒルトンというネームバリューが響いたのかもしれません。

 

いざ会場見学2件目!

会場見学の予約をして、約束の時間に新婦と2人でヒルトン東京へ向かいました。

まず、アクセスとしては、新宿駅からは若干の距離があり徒歩10~15分程ですが、シャトルバスも出ており、地下鉄の最寄駅もあるので、交通の便は悪くないと思います。

ただし、西新宿のビル群の一画にあるので、若干の分かりずらさはあるかと思いますが、まぁ問題無いでしょう。

ホテルに到着し、外観の印象としては、どうしても年月の経過による古さは感じますが、歴史のある建物といった感じで、悪い印象はありません。

そしてホテルのドアマン、ロビーの雰囲気なども高級感があり、外国人の方も多く、さすがヒルトンという印象です。

また、ロビーで独特の良い香りがしたので、あとから聞いたところ、煎茶をもとにしたフレグランスを使用しているそうです。

 

プランナーさんとご対面

そしてフロントへ行き、少し待っていると担当プランナーさんが現れました。

前回の会場見学により、担当プランナーさんの重要性も理解したので、今回は相性が良い人だといいな~と。

挨拶を交わし、エレベーターに乗って、商談室のようなところへ通されました。

その後、招待予定人数や希望の予算、日取り等のアンケートを記入し、挙式会場の見学へ。

 

会場内は大人の雰囲気

チャペルは貝殻をイメージしたという独特の形状で、リニューアル後という事もあり、新しく綺麗でした。

披露宴会場は、やはりホテルという事で結婚式専用の会場では無く、企業のパーティ等でも使われている宴会場です。

天井も高く開放感があり、見学当日はブライダルフェアの日では無かったので、何のセッティングもされていませんでしたが、イメージでいうと芸能人の結婚式でよくあるようなゴージャスな雰囲気になりそうです。

また、近年の会場では珍しいと思うのですが、喫煙・禁煙も私達で選択可能という事で、どちらにするかは今後検討しますが、招待ゲストに喫煙者が多い私としては、嬉しいポイントです。

そして、ゲストの受付や待機場所になるフロアも案内してもらい、全体的にシックで落ち着いた雰囲気で、大人の結婚式という印象を受けました。

可愛らしいゲストハウス等とは全く雰囲気も違うので、好みが分かれるところだと思いますが、お互い30代の私達には大変しっくりきて、新婦も満足している様子でした。

一通り会場内を見学させてもらい、やはり結婚式の専門式場ではないので、宿泊客とすれ違ったり、結婚式という特別感は少し薄まるかもしれませんが、ゲスト目線でいえばあまり気にならない事だと思います。

 

見積もり、そして価格交渉

その後、商談室に戻り、見積りを出してもらいました。

初めに通常プランでの見積もりを出してもらいましたが、ちょっと考えていた予算よりもオーバー。

この料金では厳しい旨をプランナーさんに伝えると、とても親身になって考えてくれて、具体的に割引きできそうな項目なども教えてくれました。

また「仏滅プラン」というものも出してくれて、仏滅の日を選べば料金が割安になるというプランです。

私達は特に六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)にはこだわりが無く、仏滅でも良いかな~と思いましたが、希望する8月上旬の土日は仏滅ではありませんでした。

この仏滅プランの料金が私にとっての理想的な価格帯だったので、何とか仏滅では無い日でも近い価格帯にならないかを交渉をしてみました。

その他にも、割引きしてもらえそうな部分や、ゲストの宿泊のサービス等、これでもかというくらい恥も外聞もなく値引きのお願いをしました。

すると、自分だけでは決められないので上司と相談して、明日以降にご連絡を頂けるとの事でした。

 

プランナーさんで決めた!

正直、プランナーさんも、そして新婦も引くくらいの価格交渉をしたのですが、それでも呆れる事無く、親身になって話を聞いてくれて、私達と一緒にやりたいと言ってくれました。

新婦もプランナーさんの事を大変気に入っていて、強引な営業等も一切無く、最初から結構フランクな応対だったのですが、馴れ馴れし過ぎず程よい距離感で、私達にとっては相性バッチリでした。

会場見学から帰ってきて、新婦とも話をして、価格交渉の結果がどうであろうと、もうここで結婚式を挙げようと。

プランナーさんとは数時間一緒に居ただけなのですが、インスピレーションというか、感覚が合うというか、このプランナーさんと一緒に結婚式を作っていきたいと思いました。

そして翌日ご連絡を頂き、価格交渉については通らなかった部分もありましたが納得をして、この会場でお願いしたい旨を伝えました。

プランナーさんも喜んでくれて、一緒に準備を頑張りましょうねと。

会場や価格ももちろん良かったですが、何よりこのプランナーさんと出会えたのは本当に幸運だったな~と思います!

 

 

 

マイナビウエディング

今なら、式場見学・ブライダルフェア参加などで、最大35,000円分の商品券がもらえます!(2017/8/31まで)