福岡県の結婚式場

ノートルダムマリノアで結婚式!口コミ&ブログ

ノートルダムマリノア 結婚式67

ノートルダムマリノア」で結婚式を挙げた新郎新婦(2018年2月挙式)に、結婚式場の探し方から決めた理由、費用や評判などの口コミを伺った「結婚式ブログ」です。

結婚式場データ

会場名:ノートルダムマリノア
住所:福岡県福岡市西区小戸2-10-61
TEL:0120-62-8014

ゼクシィ「ノートルダム マリノア」掲載ページ
※式場見学キャンペーン対象会場

ハナユメ「ノートルダム マリノア」掲載ページ
※式場見学キャンペーン対象会場

ぐるなびウエディング「ノートルダム マリノア」掲載ページ
※式場見学キャンペーン対象会場

福岡県の結婚式場探しならマイナビウエディング
※式場見学キャンペーン対象会場

ノートルダムマリノアでの結婚式ブログ。費用や口コミ

・結婚式の基本情報

結婚式場はどうやって探しましたか?

どのように結婚式場を選べばよいか分からなかったので、「ゼクシィなびカウンター」を訪問しました。

そこで私達夫婦が理想とする結婚式や、「こんな式にしたい」という希望をヒヤリングしてもらい、いくつか候補となる式場を紹介されました。

夫婦の趣味が「ダイビング」ということもあって、「海の見える式場で結婚式をあげたい」という事と、仕事の都合で土日に結婚式を挙げられることを条件に絞ってもらいました。

その後、式場見学を行い、それぞれの式場で料理の試食や営業担当の方との打ち合わせを繰り返し、一番印象が良かった「ノートルダムマリノア」さんに決定しました。

ノートルダムマリノアに決めた理由

式場見学を案内してくれたMさんは非常に明るく元気な性格の方で、私達の趣味や仕事のことをさり気なく聞き出して、「当日にこういった演出をすると、きっと盛り上がりますよ」など、具体的な当日の風景を私達に伝えようとしてくれました。

それまで結婚式のイメージが中々わかなかった私達にとって、それはとても助かりました。

また、サプライズで当日チャペルで行なわれる「ムービー演出」をしてもらい、「こんな演出で両親を感動させてあげたい」という気持ちが大きくなったので、ノートルダムマリノアに決めました。

ノートルダムマリノアの良かった点と残念だった点

とにかく色んな分野で、「プロのスタッフさん」がいることがよかったです。

1人のプランナーを中心として、「ドレス、音楽、料理、演出、花嫁のブーケ、会場のお花など」全てに専門のスタッフがいたので、それぞれのスタッフさんと細かく自分たちが思い描く「理想の結婚式」になるように打ち合わせができました。

専門のスタッフがチームとなって動いているので、プランナーに「海がテーマである」とか「ダイビングのサークルで出会っていること」を伝えているだけで、それにそった案を最初から用意してきてもらえたことも、打ち合わせがスムーズに進む要因になったと思います。

なかなか普段から優柔不断な私達ですので、この点は非常に助かりました。

また、全員がプロ集団なので、どこをとってみても「平均点以上がたたき出せますよ」といった式場でした。

残念だったことを唯一挙げるとするならば、当日花嫁の入場の際に、式場スタッフの確認ミスで「チャペルの扉の片側しか開かない」というハプニングがあったことくらいです。

いいシーンなので、事前確認はしっかりお願いしたいところでした。

見積もりから費用が上がった点や下がった点

主に費用が上がった点は、「料理」に関してです。

料理に関しては、ドリンクが「一人3000円」で見積もりをとっていましたが、お酒を飲めない方が多くいましたので、ノンアルコールカクテル等を充実させるために「5000円のコース」のものにランクアップさせました。

また演出のひとつとして、「ケーキバイキング」と「お茶漬け」の差し入れをしました。

ケーキバイキングが「12万円」と、お茶漬けが「6万円」分でした。

これは当初の見積もりには全く入っておらず、打ち合わせを進める中で「ぜひ入れたい」となり、増える結果となりました。

逆に下がった点は「ペーパーアイテムやリングピロー、芳名帳」など小物類です。

ペーパーアイテムは「一人300円」だったのですが、これは自分たちで自作して持ち込みました。

またリングピローは祖母が私達のために手作りしてくれましたので、それを持ち込むことにしました。

芳名帳に関しては「5000円」の見積もりでしたが、大学ノートを買ってきて、加工して持ち込みにしました。

小物類で手作りできるものはしたほうが、費用が抑えられると思います。

結婚式でこだわった点や工夫したところ

全体的のテーマとして「海」というのがあったので、会場のお花やテーブルクロス、花嫁のカクテルドレスは「青色」を中心として選びました。

またそれぞれのテーブルに飾り付けた「貝殻」などは、実際に私達が「海で拾ってきたもの」を使用しました。

また、「料理」や「飲み物」は記憶に残る大きな要因になるのでケチることなく、自分たちが事前に試食して美味しかったコースを選びました。

その点は費用が上がることにもなったのですが、会場に来てくれた多くの人から「料理こだわってたね、美味しかったよ」とお声をもらいました。

ゲストの反応や評判

20代前半の若い夫婦でしたので、まわりがまだ「結婚式に参加したことがない人」がほとんどということもあって、「とてもよかった」と言ってもらえました。

「はじめての結婚式」が私たちのの結婚式という人のために、変に「今風の演出」を入れるのではなく、「王道の結婚式の進め方でやろう」というのが夫婦の共通認識でした。

特に「キャンドルサービス」で各テーブルを回っているときには、色んな方が涙を流しながら私達を祝福してくれました。

その姿をみて私達も非常に感動しましたし、「今日の結婚式を迎えることができてよかった」と実感できました。

ノートルダムマリノアで結婚式を終えての感想や反省点

結婚式まで「10ヶ月」もあったので、十分余裕をもって準備に取り組んでいたはずなのですが、やはり結婚式当日が近づいてくるにつれて時間がなく、バタバタ準備をすることになってしまいました。

特に手こずったのは「生い立ちムービー」に関してです。

式場に作成を依頼すると「20万円ほど」費用がかかってくるので、手作りすることを選んだのですが、映像を作成するのは夫婦ともに初めてのことでした。

何をどうしていいのか分からず、時間ばかりかかってしまい、結局前日までムービーの作成に追われていました

事前にもっと映像作成のやり方に関して、調べておくべきだったと思います。

 

式場見学は情報サイト経由がだんぜんお得!

式場見学やブライダルフェアの「予約&参加」を情報サイト経由で行うと、数万円分のギフト券がもらえます!

ゼクシィ
テレビCM等でもおなじみで、知名度や情報量は日本最大級です。
先輩カップルのレポートやゲストの口コミ、各式場のプランナーブログがあるのも特徴です。
最大4万円分の商品券がもらえるキャンペーン実施中!(2019/2/22まで)

ゼクシィ

マイナビウエディング
マイナビウエディング
“ふたりらしい結婚式を”がコンセプトの情報サイトで、各式場の情報量が豊富です。
パノラマビュー機能や費用シミュレーションなど、便利な機能もあります。
最大5万円分のギフト券がもらえるキャンペーン実施中!(2019/2/26まで)

マイナビウエディング

Hanayume(ハナユメ)
全国的に認知度も上昇中で、現在はローラさんを起用したTVCMが放映中です。
「ハナユメ割」で結婚式の費用が100万円以上お得になる事も。
最大4万円分のギフト券がもらえるキャンペーン実施中!(2019/4/7まで)

Hanayume(ハナユメ)