兵庫県の結婚式場

旧グッゲンハイム邸で結婚式!口コミ&ブログ

旧グッゲンハイム邸 結婚式54

旧グッゲンハイム邸」で結婚式を挙げた新郎新婦(2015年4月挙式)に、結婚式場の探し方から決めた理由、費用や評判などの口コミを伺った「結婚式ブログ」です。

旧グッゲンハイム邸での結婚式ブログ。費用や口コミ

・結婚式の基本情報

結婚式場はどうやって探しましたか?

会場は、出来るだけ自分たちの自由がきくところという点と、フリーのウェディングプランナーさんと「オリジナルな結婚式」をしたいと探しました。

なので、まずはそういう結婚式を手がけている「プランナーさん」をネットなどで色々調べ探し、会場はその後プランナーさんと相談しながら探しました。

たまたまライブなどで行ったことのある大好きな場所が結婚式にも使えるという事で、「旧グッゲンハイム邸」に決めました。

そして、料理にはすごくこだわりたかったので、外部から自分たちの希望するお店に入ってもらえることも探すポイントでした。

遠方から来てもらうゲストも多かったので、来てもらう皆にゆったり過ごしてもらいたいという思いで、「一棟貸しの会場」を探しました。

旧グッゲンハイム邸に決めた理由

旧グッゲンハイム邸は以前ライブで訪れたことのある会場だったのですが、見学に行きお話を伺うと、建物まるまる借りて自由に結婚式が出来るということで決めました。

他の結婚式やイベントと重ならず、ゆったり過ごせることが大きかったです。

あとは、会場を借りる費用が安かったので、その分「料理」や「演出」に費用をかけられることも大きな点でした。

旧グッゲンハイム邸の方もプランナーさんも、そういう自由な結婚式に慣れていらっしゃったので、希望に寄り添ってくれ心強かったです。

旧グッゲンハイム邸の良かった点と残念だった点

良かった点は、旧グッゲンハイム邸の雰囲気がとても良かったこと、装飾にも費用がかけられたり、自由にやりたいことをさせてもらえました。

洋館の雰囲気もあって、「外国の結婚式のようだ」とゲストの方々があちこちで写真を撮ったり楽しんでくれました。

「料理」も「装花」もプランナーさんと相談し、それぞれお願いしたいところに頼んだので、来てくれた皆がとても喜んでくれていたのが嬉しかったです。

お庭で「お肉の藁焼き」などもしてくれ、盛り上がりました。

音響も自由に使える上に会場の方が担当してくれ、演奏してくれるゲストの方々も楽しく演奏してくれました。

ドレスも持ち込みで、持ち込み費用なども勿論かからないため、好きなドレスショップで用意することが出来ました。

一軒貸しだったので、1階と庭で「挙式」をして、2階を「控え室」、「軽食などを楽しんでいただくお部屋」というふうに使えたので、遠方からのゲストも、お子さん連れのゲストもゆったりと過ごしてもらうことができました。

プランナーさんも、こういった自由な自分たちで作る結婚式を手がけていらっしゃる方だったので、サポートが心強く、準備は本当に大変でしたが「最高に楽しい結婚式」になりました。

残念だった点は、満足しているため殆ど無いのですが、会場のプロジェクターに当日トラブルがあり上手くいかないところがありました。

あとは、「旧グッゲンハイム邸」がそれ程広くないので、やはり呼べるゲストの数に限りがあることかなと思います。

私たちの場合は、家族と親戚、少しの友人で「着席の挙式」をお昼に行い、夕方から友人たちを招いて庭をメインに使って「立食の結婚パーティー」をしたので、結局は呼びたい人は呼べたので大丈夫でしたが。

見積もりから費用が上がった点や節約した点

費用が上がったのは、やはり食事の面でした。

「提案してもらったコース」も十分だと感じたのですが、やはり喜んでもらいたくてオプションをいくつかお願いしました。

あとは、「軽食をつまめる」ゆったり過ごしてもらう部屋を作ったので、そういったお菓子やスイーツを作ってもらえるお店を別にお願いしたことでした。

食事については、自分たちが結婚式の料理で大満足して帰ったことが少なかったので、遠方から来てくれる多くのゲストや、こんな歳までお世話になった色々な人に対して、感謝の気持ちとして食事だけはこだわりたかったので、どうしても費用が上がってしまいました。

あとは会場の雰囲気も大切にしたくて「会場装花」にもこだわったので、費用は上がりました。

自分たちに出来ない、プロにお願いするところには妥協せす費用をかけた分、招待状や案内、席次表や細々した自分たちで作れるものに関しては、時間をかけて納得いくものを自分たちで作り、「外注する費用」を抑えることができました。

会場装飾に関しても、自分たちで出来るものは基本的に全て作ったので、時間と手間はかかりましたが、そこでかなり費用は抑えられたと思います。

結婚式でこだわった点や工夫したところ

やはり料理はこだわりました。

実際お店に足を運び、「このシェフにお願いしたい」という所に頼み、料理内容も何度も打ち合わせしました

衣装は大好きな「ドレスショップ」があったので、そちらで選び持ち込みました。

会場装飾やペーパーアイテムなども、「海外のガーデンウェディング」や「野外フェス」のような雰囲気にしたかった為、まずどんな雰囲気にしたいかを様々な写真や映像でプランナーさんと感覚をシェアし、作り上げていきました。

なので、流す音楽や演奏をお願いする方にもこだわりました。

ゲストの方々に「ドレスコードを指定」したり、会場でお揃いのリストバンドなどを配布したりして、ゲストの方々にも参加してもらう一体感のある雰囲気作りを心がけました。

ゲストの反応や評判

私たちの年齢的にも、ゲストの方々は様々な結婚式に参列されてきた方が殆どでしたが、皆さん1番おっしゃっていたのは「こんな結婚式初めて!」でした。

たくさんSNSなどにもそれぞれ写真をあげてくれて、「海外の結婚式みたい」「お洒落」と特に女性は会場の雰囲気を喜んでくれました。

あと全員、「お料理」を喜んでくれたので嬉しかったです。

元々音楽が好きな友人が多かったので、めいめい好きなお酒を楽しみながら、音楽も楽しんでくれていたのは「嬉しい反応」でした。

旧グッゲンハイム邸で結婚式を終えての感想や反省点

「一生に1回」だからと妥協せず、自分たちが本当にやりたかったことを形にできたので大満足でした。

そして、何より自分の周りの方々に感謝を伝える場にしたかったので、準備は本当に大変だったけど、喜びの声や皆が楽しんでくれている姿に、「幸せな気持ち」になりました。

プランナーさんとそのチームとは「細かいことから大きなこと」まで、本当に密にやり取りしながら様々な提案をいただき、一緒に形にしてもらいました。

本当に「チーム」のような感じで、当日も様々なところで色んなフォローやケアをしてくれていたことを知り、感動しました。

当日は雨が降ったあとで、「庭での人前式」は諦めていたのですが、早朝から総出で庭の状態をドロドロになりながら整えてくれ、私たちの希望を大切に叶えようとしてくれる姿に感動しました。

その後も交流を持っているのは、そういうことがあったからだと感じています。

「旧グッゲンハイム邸での結婚式」は、夢のような1日で大満足でした。

 

結婚式場データ

会場名:旧グッゲンハイム邸
住所:兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5-17
TEL:078-220-3924

プラコレWedding「旧グッゲンハイム邸」掲載ページ

 

式場見学は情報サイト経由がだんぜんお得!

式場見学やブライダルフェアの「予約&参加」を情報サイト経由で行うと、数万円分のギフト券がもらえます!

【ゼクシィ】公式サイト

【マイナビウエディング】公式サイト

【ハナユメ】公式サイト