神奈川の結婚式場口コミ

アニヴェルセルみなとみらい横浜での結婚式ブログ!費用や反省点の口コミ

アニヴェルセルみなとみらい横浜のブログ

アニヴェルセルみなとみらい横浜で結婚式を挙げた卒花嫁(2021年4月挙式)に、費用やゲストの評判などのリアルな口コミを伺った結婚式ブログです。

卒花嫁
卒花嫁
コロナで数十万円の延期料(直前すぎてキャンセル出来なかった引き出物代)がかかり、延期料・キャンセル料についてよく確認しておくべきでした。
会場名アニヴェルセル みなとみらい横浜
住所神奈川県横浜市中区新港2-1-4
TEL045-226-2088
公式HPhttps://www.anniversaire.co.jp/wedding/minatomirai/
アニヴェルセルみなとみらい横浜の見学予約<特典付き>

ハナユメで予約

結婚スタイルマガジンで予約

ゼクシィで予約

アニヴェルセルみなとみらい横浜の口コミ!卒花嫁の結婚式ブログ

アニヴェルセルみなとみらい横浜の口コミ挙式時の様子
卒花の結婚式情報
挙式日2021年4月
挙式時の年齢花婿20代後半・花嫁20代後半
ゲストの人数58名
ゲストの割合新郎側21名・新婦側37名
見積もり費用490万円(ゲスト80人の見積もり。その後コロナでゲストが減少)
最終的な結婚式費用350万円
式場見学に行った会場数2会場
結婚式までの準備期間21ヶ月(当初は10ヶ月後の予定がコロナで1年延期)

結婚式場はどうやって探しましたか?

最初にゼクシィを買って読んでいましたが、忙しくて自分たちで選ぶのは大変ということに気づきゼクシィカウンターで相談しました。

ゼクシィカウンターで条件を絞り込んで、式場見学を予約してもらって見学しました。

その際に伝えた第一条件は、雨女雨男なので全天候型であることでした。

次に告白された地である東京駅近辺か、プロポーズされたみなとみらいエリアのどちらかというエリアを希望しました。

その上で、80人という人数規模や持ち出し200万円の予算に合った場所に絞り込んでいただきました。

和婚は一切考えてなかったので、最初に条件から外し、職業や家柄を考えて質の高いところを希望しました。

アニヴェルセルみなとみらい横浜に決めた理由

アニヴェルセルの特徴である青いバージンロードとチャペルの綺麗さに心惹かれました。

チャペル見学の際に見た「バージンロードの意味」の動画を見て恥ずかしながら感動で号泣してしまい、この感動をゲストにも感じてもらいたいなと思ったのが一番の決め手でした。

チャペル見学の後はフラワーシャワー、披露宴会場見学、料理の試食という流れでした。

夫婦共に大好きな青色でマリンを感じる披露宴会場があったことやフラワーシャワーや聖歌隊の生の歌など、演出面がまるでテーマパークのような心踊る演出で魅力的でした。

夫は料理の試食に入っていたヒラメのパイ包みやお肉がとても美味しかったことが決め手だったようです。

何より、プロポーズされた時に見えていた横浜の観覧車の真下にあり思い出深い場所だったので、結婚式もみなとみらいで挙げることで一生の思い出の地にしたかったという思いがありました。

アニヴェルセルみなとみらい横浜の良かった点と悪かった点

アニヴェルセルみなとみらい横浜の費用ファーストバイト時の様子

すべてのサービスが一流だった点が良かったです。

打ち合わせは衣装選びからスタートするのですが、タカミブライダルと提携しているので、高級なドレスから選ぶことができます。

料理は披露宴会場ごとにキッチンがあり、そこで作られているので出来立てを食べることができます。

アニヴェルセルは料理のおいしさに定評があるのですが、非常に美味しく、コースも様々な価格帯が用意されています。

ヘアメイクはミキモトの高級品を使ってメイクしていただくことができます。

全身にミキモトのダイヤモンドパウダーをつけてくれます。

事前にリハーサルもできる(前撮りする場合はそれも兼ねる)ので、イメージを合わせて当日に臨むことができます。

アニヴェルセルみなとみらい横浜は馬車道駅が最も近いですが、みなとみらい駅からも非常に近く、どちらからも歩いていくことができます。

徒歩以外にも横浜の主要な駅から送迎のバスが出ているので、高齢のゲストがいたり、天候が悪かったりしても安心です。

見積もりから費用が上がった点や下がった点

費用が上がった点

ドリンク、ケーキの費用が上がりました。

見積もり時はドリンクが最小限のプランとなっていて、自分達もお酒が飲めないし、ゲストにも妊娠中の方がいたりするのにソフトドリンクの種類が少なかったのでグレードアップしました。

ケーキについても、ほとんどいちごの乗ってない真っ白な四角いシンプルなケーキが見積もりとなっていましたが、3段のデコレーションケーキにしたため費用が上がりました。

また、コロナで結婚式を直前に延期したので、ペーパーアイテムを2回作ることになり無駄な出費が増えたのと、延期前の引き出物がキャンセルできず80人分の引き出物が1回分無駄な出費となりました。

費用が下がった点

コロナでゲストが大幅に減少したので、人数によって費用が変わる「料理・ケーキ・引き出物」の費用が減りました。

また、各卓演出をやめてドレス当てクイズに変更したので、その費用も減りました。

ペーパーアイテムも、延期したことで2回作成したのは無駄でしたが、手作りしたことで全体の費用を抑えることができました。

結婚式でこだわった点や工夫したところ

夫婦が大好きな青色とマリンテイストのコンセプトを貫くことにこだわりました。

そのため、ペーパーアイテムはすべてカラーにこだわって手作りしました。

新婦である私が美大を出ていることもあり、ウェルカムスペースの装飾品もクオリティを上げて制作しました。

結婚式全体の雰囲気としては、ゲスト全員への感謝を意識しました。

コロナで延期する前からそのつもりではありましたが、コロナ禍でも来てくれるゲストにとても感謝していたので、挨拶や花嫁の手紙なども全員へのメッセージとしました。

ゲストの反応や評判

アニヴェルセルみなとみらい横浜の会場について言及している人はあまりいませんでしたが、綺麗なチャペルやコンセプトがしっかりした披露宴会場が気に入って写真を撮っている人はいました。

演出面では、コロナ禍だったので実施するか最後まで悩んだスイーツバイキングが人気だったようです。

また、ファーストバイトの時に使用したビッグスプーン(式場でレンタル)ではゲストみんなが大爆笑してくれました。

会場に関係することでは無いですが、私が意外な色のドレスを着たことでドレス当てクイズがかなり盛り上がったようです。

「いい結婚式だったねってみんなで話しながら帰ったよ」「花嫁の手紙感動したよ」という感想をもらいました。

アニヴェルセルみなとみらい横浜で結婚式を終えての感想や反省点

延期料・キャンセル料についてよく確認しておくべきだったと思いました。

1回目の緊急事態宣言の直前の挙式予定だったので、コロナ禍でのキャンセル料規定などが適用されておらず、痛手でした。

まさかコロナがこんなにも広まって、結婚式の実施可否に影響するとは思っていませんでした。

式場の対応は良心的で実費のみで済みましたが、それでも数十万円の延期料(直前すぎてキャンセル出来なかった引き出物の料金)がかかってしまいました。

結婚式の保険というものも存在しますが、感染症の蔓延には適用されないので、式場のキャンセル料規定をよく読んで、早め早めの判断で延期を決断しておけばキャンセル料の出費がなかったと思うと悔やまれます。

アニヴェルセルみなとみらい横浜の見学予約<特典付き>

ハナユメで予約

結婚スタイルマガジンで予約

ゼクシィで予約

関連記事